leftmargin="0" topmargin="0" marginwidth="0" marginheight="0">
とある防災やの業務日記
とある防災やの業務を担当してます。 一般的に馴染みがないと思いますが、建物 いや地域の安心安全を守る大切な仕事?(社長 談)です。 防災やの奇妙な日常を気楽に書いていきます。 みなさん宜しくです。
01 | 2024/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

やっぱりなぁ┐(´ー`)┌
久々の更新になります( ノ゚Д゚)スマン
最近、仕事に忙殺されたうえ体調が良くなっか為、シンデました。

今日は、1日休みでしたので今一番の話題TPPについて考えてみた。

今 ニュースで見ましたが、「野田首相のTPP交渉参加方針の表明に、オバマ大統領は歓迎の意向を示したが、一方で、日本の貿易障壁の撤廃を求めるなど、日本が今後迎える交渉の厳しさが暗示される面もあった。」と報道されていました。
ま~ぁ 当然でしょう。TPPにおいて「例外なき関税の撤廃」よりも「非関税障壁の撤廃」の方が圧倒的にデメリットが大きいと思います。勿論、アメリカの真意もそれなんでしょうから・・・

さて、今後 一般庶民としてはどうしましょうか?

昨日も渋谷でTPP反対の街宣・デモがありました。(時間の都合が合えば参加したかった)
街宣では、弁士の方が熱くTPP参加の弊害・デメリットを語っていました。

大手メディアがTPP参加賛成へ傾斜しているなか、まだ覚醒していない多くの方にTPPの弊害を周知することは非常に大事なことだと思っています。恐らく多くの人は、TPPについて何も知らないし、興味もどれ位あるか分かりません。
私の勤め先にも男女問わず幅広い年齢の方が居ますが、TPPは賛成・反対と聞くと大体 分からないと返答されます。
中には、TPPって何と言う方も居ます。
メディアでいくら報道しても、自分に直接関係ない事はこんなもんです ガ━(゚Д゚;)━ ン !!!
モロ 関係して来るのに・・・
ですから ISD条項がどうだとか、ラチェット規定があるからとか言っても理解してもらえない。

今 ヤルべきは、多くの人にTPPについて知ってもらい考えてもらう事だと思います。
もう遅いと思われる方もいると思いますが・・・・

関心のない方に難しい事を言ってもダメです。
もう紹介されていると思いますが、「サルでもわかるTPP」と言うサイトは大変分かり易いと思います。

luna-organic.org/tpp/tpp.html

私には今後 どうなって行くか?正直分かりません。
でも、それぞれが、それぞれの場所で抗うしかないと思っています。
このままでは、本当にマズイ!


スポンサーサイト



TPP断固反対!~お隣でもFTA反対デモ
 昨日は、TPP反対デモが13時半より 「若者からの投票が日本を救う」主催で行われました。
私は、都合が付かず参加することが出来ませんでした。
少し前の事になりますが、3月 4日 参議院予算委員会で自民党 林芳正議員と菅前総理との質疑の中でTPPの事が出ていたのを思い出し、再度 動画で見てみました。
余り時間は取られておらず、ナゼ今 TPPを取り上げるのか?と言う問題に終始しておりTPPの問題点については余り触れられていませんでした。
少し残念!
ただ、その中でTPPはFTAAPへの布石であるような言い回しを当時の外務大臣 前原は言っています。

FTAAPといえば鳩山が言い出した「東アジア共同体構想」の焼き写しですよね。
どうせ、米から圧力が掛かったとしか思えない。

【東アジア共同体構想とは】
 東アジア各国が政治、経済、安全保障などで連携し共存と繁栄を目指す構想。アジア諸国と信頼関係を築き通商や金融、エネルギー、環境、災害救援、感染症対策などの分野で協力体制を確立するとした。参加国には、中韓両国や東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国を想定。米国、インド、オーストラリア、ニュージーランドなどの扱いが焦点となる。
 
【FTAAPとは】
 
アジア太平洋経済協力(APEC)の加盟国全域2010年10月現在21カ国)において、自由貿易圏構築する構想の名称。FTAAPの構想実現した場合形成される貿易自由化された経済圏規模は、世界人口の約4割、世界の国内総生産GDP)の全体の約6割に達する。

 TPP推進派・反対派共に日本国内の事をもっと真剣に考えて欲しい。
もし、TPPに入ってしまうと私が勤めている内需100%バリバリのサービス業会社も大変な事になってしまうと
(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガク

 お隣でもFTA反対デモが大規模で行われたとか。そりゃあ怒るよな普通(#゚Д゚) ゴルァ!!
動画で見ましたけど、放水車の前で座り込みしてるし、神輿みたいなものを敷地内に突入させてるし・・・(;´∀`)・・・うわぁ・・・
機動隊63個中隊を突破して国会議事堂に突入したんでしょう!やるなあ^^
でも、はっきり言って笑えない。明日の日本かも(;д;)エーンエーン!!





在日韓国人など日本国籍を有しない者の公立学校の教員への任用について
 ある方から、在日韓国人など日本国籍を有しない者でも公立学校の教員になれる制度が出来上げっていると教えて頂きました

在日韓国人など日本国籍を有しない者の公立学校の教員への任用について

 在日を、講師といえ任用することは問題だと思う。

横浜の県立高校 女性教諭が日本史授業でハングル指導 「朝鮮人虐殺現場」見学企画も

 在日と言う存在を、再認識する必要があると思う。戦後、彼らがどこからどのように日本に来たかを?
そして今迄、日本に対してどのような行いをして来たか、日本人は知る必要がある。
日本人の多くは未だ知らないと思う。先ずはネットで調べてみよう。

日本国民 激怒~本当 ぶち切れるわ?
 野田総理は何しに韓国に行ったかと思えばやっぱりな~そう言うことでしたか!以前、ブログで「世界第2位の規模を持つ日本の外貨準備の運用先について、中国・人民元や韓国ウォンなど新興国通貨にも拡大」の記事に対し絶対に許さんと書きましたが、現実となりつつあります。「日韓首脳会議 外貨融通枠拡大合意」の記事を見て切れてしまったわ~
〈10月19日〉
野田佳彦首相は19日、韓国ソウル市の青瓦台(大統領官邸)で李明博(イミョンバク)大統領と会談した。両首脳は金融市場の安定に向け、双方の外貨を融通し合う日韓通貨スワップ枠を現行の130億ドル(約9970億円)から700億ドル(約5兆3700億円)に拡大することで合意。2004年から中断している両国間の経済連携協定(EPA)の締結交渉については、早期再開に向けて実務者協議を加速させることを確認した。
スワップ枠の拡大は、欧州の金融不安を受けた韓国の通貨ウォンの下落に対応した措置。日本銀行と韓国銀行の間では現行30億ドルの外貨融通枠を300億ドルに、財務省と韓国銀行の間でも現行の100億ドルから400億ドルに引き上げる。

 
感情的に通貨スワップ協定の拡大は許せんと言いましたが、色々と調べるとメリット・デメリットがあるようです。経済オンチの私にはよく分かりませんが?
メリットとして日本は通貨スワップの行使による円売り・ドル買いで、円高を抑える効果が期待できる。あと、韓国が通貨危機に陥った場合、日本に韓国ウォンを預け入れ、引き換えに日本円を受け取って運用することができるだそうです。デメリットは、このままやはりウォンが下落し続けば大損失してしまうことでしょう。それに精神衛生上よくない。通貨危機の時も、リーマンショックの時も、韓国が日本に対してどんな発言をしたか、忘れてないよね。

花王デモ、明日ですね。明日、参加しますので皆さん宜しくです。

 


TPP 参加はやっぱり反対だな!
 野田総理は、TPPの参加を表明し来月には結論を出すと言っているようだが、日本にメリットあんの?
〈2011年10月13日〉
国の社会・経済構造を激変させかねない問題なのに、国民への十分な説明もなく、議論の時間もなく、あまりにも拙速だ。政府が環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に関する結論を11月上旬に出すことだ。
 それに先立ち10月中に農林漁業強化の方針も示すという。農業団体などの強い反対論を尻目に、TPP参加へ前のめりの政府の姿勢が透けて見える。
 経済、産業、社会にどんな影響が及ぶのか、国は十分に説明責任を尽くしていない。貿易立国として議論自体を否定するものではないが、いま国がやるべきことは国民の目に見える熟議であり、生煮えの結論を出すことではない。
 TPPに参加する米国など9カ国はアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議での「大枠合意」を目指していた。「11月上旬」という期限は、ハワイで開かれるAPECが念頭にある。
 選挙を来年に控えるオバマ大統領は、APECで日本の参加表明を期待しているといわれる。しかし、国民合意が存在しないものを期待されてもいい迷惑だ。野田佳彦首相はオバマ大統領におもねるのか、国民と真摯(しんし)に向き合うのか、政治家として良識を示してほしい。
 11月上旬に結論と言いながら基本的な情報が不足している。
 内閣府の試算によると、TPPに参加すると最大で実質国内総生産(GDP)を0・65%、3・2兆円押し上げる。これに対し農水省は1・6%、7・9兆円減らすと主張する。政府内で大きく試算が違えば、国民は議論できない。
 農業関係者からは「TPP参加は日本農業の壊滅への道」という激しい反対論がある。国は「食と農林漁業の再生実現会議」の中間提言で農林水産業の強化策を打ち出しているが、十分に予算に裏打ちされた支援策ではない。
 農業だけにとどまらず、TPPは環境、労働、公共事業など24分野で新たなルール作りを進める。これほどの変革を促す話を、1カ月で周知、議論、結論を出せるのか。あまりにも乱暴ではないか。
 推進派からは「国益に反するなら、交渉入り後に途中離脱すればいい」という意見もある。無責任だ。これでは国際的な信頼を失う。いま必要なのは国益を損なう拙速な結論ではなく、国民的議論をしっかり積み上げることだ。

 TPPについて、メディアはちゃんと報道してんのかな?テレビは余り見ないので、断片的な見方になってしまうけど。
どうも、製造業と農業が対決している構図を作りたいように見えてします。確かに、製造業と農業は大切です。
しかし、TPP 項目って、雇用・保険・放送・サービス業・・・等 があったよね。未だ、勉強中で詳しくは理解していませんけど、これが自由化したら・・・ 日本の内需産業はどうなりますか?あまり明るい未来があるようには思えません。






プロフィール

ぐんだん長

Author:ぐんだん長
とある防災やで業務を担当している40代後半のおじちゃんです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR