leftmargin="0" topmargin="0" marginwidth="0" marginheight="0">
とある防災やの業務日記
とある防災やの業務を担当してます。 一般的に馴染みがないと思いますが、建物 いや地域の安心安全を守る大切な仕事?(社長 談)です。 防災やの奇妙な日常を気楽に書いていきます。 みなさん宜しくです。
01 | 2024/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

やっぱりなぁ┐(´ー`)┌
久々の更新になります( ノ゚Д゚)スマン
最近、仕事に忙殺されたうえ体調が良くなっか為、シンデました。

今日は、1日休みでしたので今一番の話題TPPについて考えてみた。

今 ニュースで見ましたが、「野田首相のTPP交渉参加方針の表明に、オバマ大統領は歓迎の意向を示したが、一方で、日本の貿易障壁の撤廃を求めるなど、日本が今後迎える交渉の厳しさが暗示される面もあった。」と報道されていました。
ま~ぁ 当然でしょう。TPPにおいて「例外なき関税の撤廃」よりも「非関税障壁の撤廃」の方が圧倒的にデメリットが大きいと思います。勿論、アメリカの真意もそれなんでしょうから・・・

さて、今後 一般庶民としてはどうしましょうか?

昨日も渋谷でTPP反対の街宣・デモがありました。(時間の都合が合えば参加したかった)
街宣では、弁士の方が熱くTPP参加の弊害・デメリットを語っていました。

大手メディアがTPP参加賛成へ傾斜しているなか、まだ覚醒していない多くの方にTPPの弊害を周知することは非常に大事なことだと思っています。恐らく多くの人は、TPPについて何も知らないし、興味もどれ位あるか分かりません。
私の勤め先にも男女問わず幅広い年齢の方が居ますが、TPPは賛成・反対と聞くと大体 分からないと返答されます。
中には、TPPって何と言う方も居ます。
メディアでいくら報道しても、自分に直接関係ない事はこんなもんです ガ━(゚Д゚;)━ ン !!!
モロ 関係して来るのに・・・
ですから ISD条項がどうだとか、ラチェット規定があるからとか言っても理解してもらえない。

今 ヤルべきは、多くの人にTPPについて知ってもらい考えてもらう事だと思います。
もう遅いと思われる方もいると思いますが・・・・

関心のない方に難しい事を言ってもダメです。
もう紹介されていると思いますが、「サルでもわかるTPP」と言うサイトは大変分かり易いと思います。

luna-organic.org/tpp/tpp.html

私には今後 どうなって行くか?正直分かりません。
でも、それぞれが、それぞれの場所で抗うしかないと思っています。
このままでは、本当にマズイ!

スポンサーサイト




コメント

 「TPP?分からん」ってのは、当然という気もします。
 何しろ、朝のワイドショー、見たってキャスターが「TTP」なんて平気で言ってるんですよ。ISD条項なんて霧のかなたです。総理大臣が知らなかったんだから。
 「参加のための協議を始める」と言えば、「参加する」と捉えられるの、当たり前のことですよね。わざと、間違って捉えたりするのに。
[2011/11/15 15:11] URL | 再起SR400 #- [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2012/04/29 03:24] | # [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2012/06/24 20:46] | # [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2013/02/03 15:48] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pbousai.blog.fc2.com/tb.php/22-7f8ab8e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【やっぱりなぁ┐(´ー】

久々の更新になります( ノ゚Д゚)スマン 最近、仕事に忙殺されたうえ体調が良くなっか為、シンデました。 今
[2012/10/26 06:53] まっとめBLOG速報

プロフィール

ぐんだん長

Author:ぐんだん長
とある防災やで業務を担当している40代後半のおじちゃんです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR